読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1128587
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「苦痛に感じてないからいじめじゃない」は愚の骨頂です!

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 八五年の定義では、「学校として事実を認定しているもの」という文言があったことも特徴のひとつでした。これはすなわち、いじめかどうかを判断するのは教師であり、学校であったということです。

 それによって、いじめられる子に生活や性格上の問題点などがあった場合、そこを直さない本人が悪いと見なされ、いじめの件数にもカウントされないといったことが起こりました。家庭に問題のある子は、いじめ自殺すら家庭の問題とされたのです。いじめは、あくまで本人もしくは家庭の問題と見なされたのです。なんとも鈍い人権感覚です。

「学校として事実を認定しているもの」の文言は、九四年にようやく定義から外され、「本人の訴えがあればいじめと確認する」に変更されました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1424文字/本文:1740文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次