読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1128600
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
教育現場に競争原理が持ち込まれたことがすべての元凶です!

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 小泉政権時代の「聖域なき構造改革」は、教育現場にも大きな置き土産を残しました。教育現場にその後、教育改革の名のもと競争原理に基づく「成果主義」がもたらされたのです。
「成果主義」では、数値目標を掲げ、競争原理を働かせて性急に結果を出すことが求められます。「学校評価」「学校選択制の導入」により、競争するなかで各校のレベルアップが図られ、全体がボトムアップする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1076文字/本文:1256文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次