読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1128601
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「いじめ自殺ゼロ」なんてあるわけがないのです

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 成果主義による数値目標がいかに愚かなことか、実際の例で説明しましょう。

 一九九九年から二〇〇五年までの七年間、いじめ自殺者の数は文科省の報告ではずっと「ゼロ」更新を続けていました。あれだけいろいろな子が「いじめ」によって亡くなっていることが報道されていたのに、です。

 ゼロ更新が疑問視されたのは、七通の遺書を残して教室で自殺した北海道滝川市の小六女児の事件があってからでした。遺書の中にいじめられていたことがはっきり書き残されていたのに、自殺した二〇〇五年の文科省のデータは「いじめ自殺ゼロ件」になっていたのです。

 その齟齬(そご)に気づいた社会全体から「おかしいじゃないか!」と文科省に批判が集中し、文科省が改めて再調査してみると、七年間で一二件のいじめが確認されました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1580文字/本文:1918文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次