読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1128609
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
共通しているのは家が楽しくない子が多いことです

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 発達の視点から見て自立できていない子、自分を持てていない子であることも「いじめっ子」の特徴と述べましたが、それには生活環境が少なからず影響していることは否めません。

 特徴と合わせて子どもがいじめっ子になる要因を整理してみると、このような生活環境や生育環境が見られることもわかりました。


 ・自立し合い、お互いを認め合った家族関係が弱い

 ・親からの愛情不足

 ・親の子育て思想が弱い

 ・家事の共働がない

 ・父親の体罰教育・母親の子ども虐待

 ・きちんと叱られて納得して育っていない

 ・多様な集団の中での交わり不足

 ・地域での連帯不足

 などです。

 決してお父さん、お母さんを脅すつもりではないのですが、いじめをする子はやはり家庭生活の部分で何らかの問題点がある場合が多いのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1632文字/本文:1967文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次