読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1128618
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
家族に打ち明ける子は男の子は少数です

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 親がいじめを把握することが、子どもをいじめから守る第一歩となります。ところがいじめられていることを親には言えない子が圧倒的です。これはいじめと直面している子どもたちの大きな特徴です。

 ただし、そこには男女差があります。いじめを家族、とくにお母さんに打ち明けている割合を男女で比べてみると、女の子では六〜七割の子が親に打ち明けているのに対し、男の子は二〜三割しかいないようです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:922文字/本文:1111文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次