読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1128634
0
尾木ママの「脱いじめ」論
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子ども自身が中心になってこそ「いじめ」を駆逐(くちく)できるのです

『尾木ママの「脱いじめ」論』
[著]尾木直樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九九七年に、北欧に視察に行ったときのことです。スウェーデンの子ども問題の専門家からこのような言葉を聞きました。
「子どもは、子ども問題のスペシャリストですよ」

 スウェーデンでは、直接子どもにかかわる法律の修正や上程には、必ず子どもたち自身の意見を聞くことになっていて、どんなに善意からであっても大人の独断専行は許されていないとのことでした。いじめ問題に対しても、小学校でさえ子どもたち自身による取り組みが重視されていました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1268文字/本文:1481文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次