読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1129033
0
本当に好きな人と世界でいちばん幸せになる!
2
0
16
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『本当に好きな人と世界でいちばん幸せになる!』
[著]石井希尚 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
16
| |
文字サイズ

たった一人のその人と、最高のカップルになろう!

世界一幸せと思えることが、いちばん幸せ


 さて結論だ。
「世界でいちばんの幸せ」って言ったって、それは結局、自分がそう思えるかどうかの問題だ。これに気づいた人は「悟り」に近い。

 つまりは、どうしたら「そう思えるか」ということがわかればいい。
「そりゃなんてったって、大邸宅と外車とセレブな生活を与えてくれる人で、もちろんイケメンじゃなきゃダメよ……それでセックスもうまい人ね。そういう人にめぐり会ったら、そんなことも思えるかもね……」

 ところが、カウンセリングという人の心を扱う仕事をしていると、重要なことに気づく。いくら玉の輿(こし)に乗ったところで、必ずしも世界でいちばんの幸せ者とは感じられないということだ。

 財布のなかが寂しい人は、お金さえあれば人生どんなにいいだろうと憧れたりする。

 しかし、年収四〇〇〇万円もあるのに、心配性で眠れない人もいれば、高級住宅地の大邸宅に住み外車を三台乗り回しながら、心療内科に通っている主婦もいる。

 クラブのホステスから会社社長の愛人になって、ぜいたくな暮らしを満喫しながら、毎回カウンセリングにくるときは違う外車に乗って、上から下までブランドものの服に身を包み、「私は何でもほしいものを手に入れたけど、彼の気持ちだけは自分のものにならない!」と泣く人もいる。

 そうかと思うと、2DKに親子四人で生活しながら、ほのぼの円満ニコニコスマイルという人もいる。


 だけどはっきりしていることは、「みんな一人は嫌なんだ」ということだ。

 誰からも見向きもされず、生きていることに気づいてももらえないなんて、想像しただけでもゾッとする。だから必死になって一緒にいてくれる人を探す。

 でも、見てきたように、一緒にいるだけでは幸せだと感じられない。

 人の心は実にむずかしいものだ。しかし、精神的充足というのは、外からじゃなく、内側から湧き上がるもの。これを押さえておかないと、見当違いの努力に明け暮れることになる。

 だから、これは相手の問題じゃない。結局は自分の問題だ。僕はそれを繰り返し述べてきた。

 恋愛だ、結婚だというけれど、結局のところ、自分が見つけた相手が自分にとってベストパートナーであることがわかれば、そこには必ず安心と満足がある。

 自分たちが「ベストカップルなのだ」と思えれば、あなたは世界でいちばんの幸せを手に入れたと同じだ。だってベストなんだから。それ以上は存在しない。

「この人でいいの?」ともう悩まない


 世の中には六〇億人以上も人間がいる。お隣りの中国はめでたく一三億人に到達した。こんなにたくさんいるなかから一人を選ぶ。

 考えてみれば、何とももったいない話だ。ほんの一握りの「知人リスト」のなかだけで相手を決めてしまうのだから。

 しかし、それがベストだと思えれば、二度と他人の人生を羨むこともない。
「いいな、ああいう人が彼で……」なんて思う必要もないし、ないものねだりをする必要もない。だってベストなんだから……。

 コトは自分で「ベスト」だと感じられるかどうかだ。

 世の中には、「こいつ変態だ」と思われる人がいる。

 相手が変態だろうが何だろうが、自分でそれがベストだと思えればそれでいい。

 この単純な真理がわかったら、大切なのは、自分がそう思えるようになるためには「どういう順序」で、「どう考えていけばいいのか」を学ぶことだ。

 わかってしまえばとても簡単なこと。

 もう相手を変える努力をしなくていいのだから。

 僕はこの本で、そのために役立ててもらえる情報を提供してきたつもりだ。

すべての答えはあなたのなかにある


 この本を終える前に、最後のボタンを締めておこう。ダメ押しの確認だ。

 好きな人と世界でいちばん幸せになる……これは一人ではできない。

 相手があって初めて成立する。相手も同じように、あなたがベストパートナーだと思えなければダメなんだ。

 そのためには、彼もあなたと同じ姿勢でコトに当たらなければならない。カップルが同じ土台に立ち、同じ方向を見ているということは絶対に外せない条件だ。

 そして、もし二人がお互いにベストなパートナーであるということが確認できれば、問題や試練で乗り越えられないものはない。

 この本で僕が示してきたことをヒントに、自分自身をよく吟味してほしい。

 そして、相手が同じ態度で生きていることを確認するんだ。

 相手があなたと同じ方向を見て、同じように努力していることが見えたなら、そこに相手を信頼する根拠がある。それさえ見えたら、細かいことは水に流そう。

 忘れてはいけない。

 あなた自身がどう生きたいかが、何よりもまず先に問われるべきことだ。自分の生き方が定まっていないのに、相手に何かを求めるのは、理屈に合わないことだ。

 古代イスラエルのソロモン王はこう言った。
「知恵のある女は自分の家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す」

 恋愛カウンセラーとしては、「なるほど」と納得するしかない。そのとおりだと思うからだ。

 僕は、自分自身の経験と、多くのカップルとの対話のなかから、あなたが「知恵のある女」となるための材料を提供した。

 あとは、あなた次第だ。

 バトンタッチは終わった。

 どのように走るかは、あなた自身にかかっている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
16
残り:0文字/本文:2167文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次