読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1130592
0
ホリエモンの恋愛講座 “本物のお金持ち”と結婚するルール(大和出版)
2
0
49
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
お金持ちと結婚したいあなたへ――はじめに

『ホリエモンの恋愛講座 “本物のお金持ち”と結婚するルール(大和出版)』
[著]堀江貴文 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
49
| |
文字サイズ


 いま、女の子たちの間で、お金持ちの男性と結婚するための方法が書かれた本が、ものすごく読まれている……。そう聞いて、僕はビックリするとともに、思わず失笑してしまいました。



 一体、なぜだろう?


 お金を持っている人と結婚すれば、確かに生活で困ることはないかもしれない。その理屈は確かにわかる。


 けれども、よっぽどの貧乏くじを引かなければ、わざわざお金持ちと結婚しなくても、満足して生活できるくらいの夫婦生活を送ることはできるはずです。


 それとも、豪華な家に住み、別荘があり、ベンツがあって……みたいな生活じゃなきゃ、いまの女性は人生を「幸福」とみなさないのか?


 あるいは「理想の王子様」のようなものを、いまだに求めている女性が増えているのか?


 だとしたら、少しあきれてしまいます。



 ご存知のように、僕はその昔、「お金があれば、愛も、幸福も、何でも買える」と言った人間として、日本中から猛バッシングを受けたことがあります。


 本当はそんなこと、一言も言っていません。メディアが本の売り文句に使ったようなコピーを一つ取り上げ、面白おかしく取り上げただけです。


 言ってもいない僕が「お金の亡者」と言われ、批判されてきたのに、その批判してきた女性たちが「やっぱ男はお金がなくちゃね」とお金持ちをターゲットにした婚活に励んでいる。


 何だかおかしな話ですよね。



 僕はいままで、たくさんの恋愛をしてきました。


 短い期間でしたが、人生の一時期においては、結婚していたこともあります。


 また、いまでも六本木ヒルズに住んでいるし、「お金持ち」である知人もたくさんいます。その恋愛や結婚も多く見てきました。


 その観点からいえば、お金基準だけで、あなたが理想とする男性にめぐり会えるとは、さすがに思えません。お金で相手を選び、とてつもなく不幸になる女性たちだって、中にはいます。


 けれども、やっぱり本当に幸せになる女性たちも確かにいる。そこにはやっぱり考え方の差みたいなものがあったのかな、と思います。



 僕がいまの女性たちの「お金持ちと結婚したい」という願望から感じるのは、「お金持ちで自分と違う世界の人だったら、自分を幸せにしてくれるだろう」という、安易な気持ち。あるいは「幸せは誰かが与えてくれる」といった、依存感のようなものです。


 でも、お金持ちと結婚して本当に幸せになっている人から感じられるのは、「お金を持っているこの男性を、絶対に私が幸せにしてあげよう」という、もっと積極的なもの。


 いや、別にお金がある、ないに限りません。


 そういう意欲がなければ、どんな女性だって、逆に男性から「幸せにしてもらえる」ことなんてできないと思うんです。



 いいでしょう。


 もし、「お金持ちと結婚したい」というのなら、本書ではそのための考え方から、出会い方、相手を好きにさせる方法、別れさせない方法まで、包み隠さずすべてお教えします。


 なんせ僕だって、そうやってターゲットにされ続ける男性の一人だったのです。あなたが知らない世界を、数限りなく見てきました。


 その「あなたの知らない世界」は、ひょっとしたらあなたにとって、非常に不愉快なものかもしれません。


 あまりにも男側の論理で、わがまま。そんなのはホリエモンの理屈で、私が出会う予定の王子様は、全然違う。もっと純粋で、ピュアで、私を全身で包んでくれるはず……と感じるかもしれません。



 でも、僕が言うことは事実です。

「お金持ち」である男性は、まさしく本書で述べるような、ある種の身勝手さや、ときには女性を蔑視する視点で、好きになる女性を選ぶ。


 だってステータスもあり、出会いが溢れている男性たちが、そうしてはいけない理由はないでしょう。


 女性にモテず、出会いを求めている男性たちではないのです。


「事実」を知ったあとで、あなたがどうするか。


 それこそがまさしく本書の狙いです。


 もちろん、お金持ちを狙い続けるのもいい。身分がどうでも自分が好きになれる男性に目をうつすのでもいい。


 本書は、あなたが持っている凝り固まった恋愛観を打ち崩し、本当にステキな恋愛をしていただくことを願って書いた本です。


 僕自身は必ずしも「結婚」に価値を置いているわけではありませんが、どんな価値観を持った女性でも、もっと恋愛を楽しめるようになることができるのではないかと思います。



 どうか心して、僕の語る「恋愛論」に耳をお傾けください。


堀江貴文

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
49
残り:0文字/本文:1814文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次