読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1131191
0
採用のプロがそっと教える「伸びる人」「伸びない人」の共通点
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あと一歩で気を抜かない

『採用のプロがそっと教える「伸びる人」「伸びない人」の共通点』
[著]酒井正敬 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 江戸時代の儒学者・佐藤一斎が『言志四録』のなかで、次のような忠告をしています。「百里の道を行く者は、九十里を以って全行程の半ばとす」と。

 要するに、「百里の道を行こうと決意したら、九十里の道にきたときに、あと十里だと油断することなく気を引き締めて、これで五〇%だと思いなさい」ということです。

 私もこれまでに、「あと一歩」というところで気を緩めて、大失敗した例をたくさん見てきました。

 例えば、三年間も通い詰めて、やっとのことでライバル企業を蹴落として、転注(注文先、発注先を変更すること)に成功した営業マンが、あまりの嬉しさに祝杯の大酒を飲み、翌日の契約に遅刻するという、普通では考えられないような大失態を演じ、相手の購買部長をかんかんに怒らせてしまいました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1556文字/本文:1888文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次