読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1132381
0
タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「挨拶」ができなきゃ存在すら認めません

『タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと』
[著]飯塚和秀 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

カラスvs.山田君、バトル発生!?



 入所を果たし、いよいよ養成員としてのレッスンを受けることになりました。毎週水曜日の午後7時から2時間、俳優としての専門的な能力だけでなく、芸能界で生きていくうえで絶対的に必要となる幅広い素養を身につけるため、多種多様な稽古を受けていくことになります。

 さて、これからどんなことが待っているのやら。絶対、売れてやるぞ~。

 やるからには大物になってやる。決して目立つタイプではない僕ですが、やる気だけはありました。世間知らずの16歳、高校2年生。野心だけは大きくなる一方です。

 さて、先週の入所式で案内された教室へと向かってみると、入口のとこではどうも口論が起きているようでした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2418文字/本文:2724文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次