読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1132383
0
タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
基本を知らずして何が成し遂げられるんだ?

『タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと』
[著]飯塚和秀 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

単純なレッスンばかりで飽きちゃったよ



 芸能界って言葉には、華やかなイメージがあります。プロダクションに入ったらすぐに演技指導を受けて、あっという間にテレビデビュー。瞬く間に有名となり、街を歩けば何人もの女の子から、
「あの~、テレビで見ましたぁ~。サインお願いしますぅ

 と、笑顔でサインをねだられ、内心では思いっきりにやけつつ、
「しかたないねぇ、特別だよぉ」

 と、出された用紙にペンを走らせる……。

 世間知らずな思春期ど真ん中の高校生だった僕は、そんなイメージしか持たずにプロダクションへと入ったわけですが、待っていた世界はまったくの真逆でした。

 超単調。ひたすら地味なレッスンを積み重ねる日々。
「あ、え、い、う、え、お、あ、お……」

 みんな揃って仲良く発声練習。小学生ならまだしも、こちとら、そこそこの年齢です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2818文字/本文:3176文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次