読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1132391
0
タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
高飛車と噂の売れっ子アイドルが現場で見せた謙虚さ

『タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと』
[著]飯塚和秀 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中吊り広告に書かれたことを信じていた僕



 芸能人って、いろんなことを週刊誌やワイドショーで取り上げられますよね。
「あの芸能人は、裏ではものすごくタチが悪い」

 とか、ただの中傷じゃないのって思ってしまうくらい、ひどい言われ方をされてしまったり。どんな人が記事を書いたり噂を広げているのかはわかりませんけど。

 でもね、そんなものを信じてはいけないなぁって思うんです。むかし、不動産情報を提供する雑誌のテレビCMに出演したことがあるのですが、そのときの出来事が、いまでも記憶に深く残っているからです。

 その仕事は、当時誰もが知っているトップアイドル、WMさんのうしろで雑誌を持って踊るというものでした。アイドルとの共演だから気分ノリノリかというと逆で、撮影現場へと向かいながら、僕は憂鬱な気分でした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2873文字/本文:3219文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次