読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1132393
0
タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
簡単に手に入るものに価値があると思うのか

『タレントだった僕が芸能界で教わった社会人として大切なこと』
[著]飯塚和秀 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

何回オーディションを受けても落ちまくり



 3カ月間に渡る謹慎期間(?)も終え、気づけばここに入所してから1年以上が経っていました。その間、エキストラに近い端役では、それなりにテレビに出ることができました。もともと所属タレントが多いプロダクションであったため、大量に出演者が必要な番組からは声がかかりやすかったのです。

 でも、世の中に自分のことを広く知ってもらえる、そんな大きな仕事をつかむには、当たり前ですが、厳しいオーディションを通過しなければなりません。

 最初の頃は端役でも、
「いままでは見ているだけだったテレビに、俺も出られる!」

 と気持ちが高揚しましたが、やはりエキストラに近い仕事ばかりでは、やりがいも続きません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2228文字/本文:2539文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次