読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1132720
0
8時間ダイエット
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『8時間ダイエット』
[著]デイビッド・ジンチェンコ [著] ピーター・ムーア [訳]中島さおり [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

献 辞

アメリカ人の未来のために。

いつか、糖尿病という病が、
〈歴史上の出来事〉として
語られることを願って。


僕の人生が変わった瞬間について、お話ししよう。
きっと、あなたの人生を変えるきっかけになると思う。


 数年前、メンズヘルスに編集長として迎えられたころ、僕は人生の危機に陥っていた。

 周囲の人からはパーフェクトな人生に見えていたようだが、とんでもない、パーフェクトどころか、現実は真逆。

 くる日もくる日も、ボリュームたっぷりな朝食ミーティングで1日が始まり、ライターやカメラマンと夜中まで接待……。日の出から日没まで〈体にいいもの〉を食べて、働いて、また食べて。

 そして、週末はマラソン、週に数回は昼食時にウェイトトレーニングというように、ひたすら狂ったように運動ばかり。

 これらの食事やエクササイズ、早朝ミーティング、深夜の接待ディナー……は全部、メンズヘルス・ガイにふさわしいマッチョなボディをキープするため、そして毎日のハードな仕事をこなすためには全部欠かせないことだった(と思っていた)。

 

 僕自身は健康そのものな上、いいと思ったものはすぐに取り入れるタイプだったので、体にいいことは片っ端からやっていた。

 でも、そんな生活にもなんだか限界が見え始めていたんだ。

 1999年、父が52才で亡くなった。脳卒中だった。

 そのとき、僕は2つの教訓を得た。

 1つは、人生は短い。やりたいこと、やるべきことはすべてしておくべきだということ。もう1つは、父と同じ運命をたどらぬよう、常に運動をし、厳しく食事制限を行うこと。

 でも、何年もの間いろんなことをとっかえひっかえしてみて残ったのは、途方もない疲労感だけ。

 その上、主治医からは父と同様、高血圧気味だと指摘され、ここでペースダウンするべきなんだと悟った。

 健康を維持するために必死になって色々やるっていうのは、お門違いだったってことだね。

 ほぼ同じころ、驚異的な結果を出したという、最新のダイエット実験のレポートが舞いこんできた。

 その中の1つに、ハードな運動もせず、カロリーも気にせず、ギリギリまで追いこまれることもなし。やることと言えば、食事の時間を短縮し、激しいエクササイズを控え、休む時間を増やし、食べることを楽しむ、という至ってシンプルな方法があった。

 僕は直感的に「これだ!」と思ったね。

 そのレポートを参考に、次の日から朝食ミーティングを徐々に減らし、代わりに職場までのんびり散歩がてら歩いて行き、ゆったりとおいしいランチをお腹いっぱい食べる前に、残った仕事を集中して片づけるようにしたんだ。

 ジムでのウェイトトレーニングや週末のマラソン、個人トレーナーにつくこともすっぱりやめた。

 太陽が出ている間に一生懸命働き、夜遅くのカロリー補給をせず、早く寝ることを心がけた。

 何が起こったと思う?

 なんと、体重は1gたりとも増えなかった。

 それどころか、最初の10日間で3kgも減ったんだ。

 血圧も低くなり、努力をすることなく体重は減り、なおかつキープもできたので、これには心底驚いたね。

 しかも、気がつけばリラックスして毎日を過ごせるようになって、これは人生がもっと楽しくなりそう! と思ったんだ。

 僕自身が奇跡のダイエットの証人になるなんて、思ってもみないことだった。

 人生がこんなにもシンプルで簡単なことで楽しくなるなら、と思って、さらに深くこのダイエット方法を研究し、簡単でわかりやすく、でも人生をガラッと変えてしまうメソッドにまとめたのが、この本なんだ。
「8時間ダイエット」は世界でもっともシンプルで、しかも簡単に続けられるダイエット。

 きっと、明日からあなたの人生が変わってしまうはず。

 よりスリムに、より健康に、よりハッピーに。

 僕が体験したことを、あなたにもぜひ味わってほしい!

David Zinczenko


注意事項

 本書は研究論文に基づいて書かれたものであり、医学書とは異なります。

 ここに書かれていることは、あなたのよりよい健康をつくるためのアドバイスであり、医療行為に代わるものではありません。

 体調が優れないと感じた場合は、速やかに医師の診断を仰いでください。

 また、本書で紹介しているエクササイズは補助的なもので、本格的なトレーニングに代わるものではありません。すべての運動において、体を痛めるリスクはあり、著者および出版社はすべての責任を追いかねます。エクササイズを始める前に、器具がきちんとメンテナンスされているか、ご自身にとって無理のない運動であるか、お確かめください。

 持病や、健康になんらかの不安がある方は、エクササイズ、ダイエットを試す前に必ず、かかりつけの医師にご相談いただき、了承を得てから始めるようにしてください。

 著者および出版社は、この本に登場する企業、機関、専門家について、その信憑性を保証するものではありません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2011文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次