読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1132753
0
あなたは何も悪くない
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
10 「恋の駆け引きを知らないのね」

『あなたは何も悪くない』
[著]サラ・エッケル [発行]すばる舎


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

You Don't Know How to Play the Game



 マスコミは、デートとは、長時間にわたって繰り広げられるテニスの試合のようなものだ、と書き立てる。


 おまけに、30歳を過ぎた女性はいつも、負け組のように描かれるのだ。我々が〈結婚市場〉ではいかに価値がないかということ、そして同じ世代の男性は20代の女性をパートナーに選ぶ、と常々言われてきた。


 一方の独身男性はと言えば、偉大な勝ち組として描かれ、よりどりみどりの相手からデートを楽しんだり、独身の自由を謳歌し、おいしいところを全部もっていく存在である。


 彼らにとってフェミニズムとは、鼻でせせら笑うものなのだ。


 なぜこんなことになっているのか?(私と寝ても、男性は晩ごはんをおごらなくてもいいっていうの!? そうね、ありがとう、グロリア・スタイネム!)


 こんな風潮があるから、私たち女性は自分を守らなければ、という気にさせられるのだ。


 私たちにはどうがんばっても勝ち目はなく、私たちの尊厳、敬意(あるいはもっと別なもの)、そして自分というもろい要塞を守らなければならないと思うのだ。


 だから私たちは、付き合うのに慎重になったり、疑り深くなって、「相手が何かルール違反をしていないか?」と身構えてしまうのだと言える。



 彼はディナーの約束を先延ばしにした?


 約束した時間に電話をしてこなかった?


 23歳のウェイトレスに0.5秒見とれていた? そして……ああ、その瞬間、あなたはまるで空気のようだった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3201文字/本文:3839文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次