読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1134127
0
あなたの娘や息子が結婚できない10の理由
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『あなたの娘や息子が結婚できない10の理由』
[著]白河桃子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 誤解された婚活ブーム、大切なのは意識変換です


29歳の娘がまだ結婚しないのが心配なんです」


 先日、20代の娘さんがいる60代のお父様とこんな話をしました。

「大学時代のカレシとか、いないんですか?」


 そう言った途端、「ダメダメ、あれだけはダメ」と血相を変えて言います。父親としては娘のカレシはどれもこれも気に食わないのですが、その中でも「あいつは絶対にダメだ」といいます。

「もっと、いいのがいるはずだ。あれだけはダメだ」


 とお父様は頑なに言い張ります。横にいた30代独身の友人は私にこっそり目配せして、こう(ささや)きました。

「わかってないのよね。もっといいのなんて、来ないのにね」


 親御さんが介入することによって、ひょっとしたら縁を捨てていないでしょうか?

婚活中の女性を取材すると、必ず「親が介入してくると難しい」という嘆きの声を聞きます。特に地方在住の方は、まだまだ親御さんの意見が結婚を大きく左右します。


 2008年3月に、中央大学教授山田昌弘先生との共著で『「婚活」時代』という本を出させていただきましたが、婚活という言葉はあっという間にブームとなり、いろいろな誤解もあります。大切なのは「結婚相談所にいくこと」でも「お見合いパーティにいくこと」でもありません。「条件重視で選ぶこと」でもありません。一番大切なのは「意識」を変えることです。当事者だけでなく、親御さんの意識もぜひ変わっていただかないと、これからの結婚は難しいと思います。


 子どもの結婚が心配の種……それはよくわかります。しかし、お父様やお母様が、古い意識のまま、せっかくの「結婚のチャンス」をつぶしていることが多いのでは……と思うのです。なぜかといえば、お父様、お母様時代の結婚と、今の結婚はあまりにも違うのです。お子さんのおかれている環境、社会の変化をまず理解していただくこと、それが子どもたちへのサポートの第一歩となるのでは……そう思ってこの本をつくりました。


「結婚できなくて恥ずかしい」という気持ちを捨てましょう


「お子さんが結婚していなくて恥ずかしい……そういう気持ちをまず捨ててください」


 これは結婚しない娘や息子をもつ親御さん向けの講演で必ず言う言葉です。


 もうひとつ必ず講演で言うのは、

「みなさんだって、今の時代なら結婚できていないかもしれませんよ」


 ということです。お父様、お母様の時代には、だれかの世話で、自動的に乗っていけば結婚できるシステムがあったのです。時代も右肩上がりでした。恵まれた時代に結婚している方には、今の時代の結婚難の苦労はわからないものです。


 それなのに、「結婚は当たり前のもの」「あなたはどうしてこんな当たり前のことができないの?」とお子さんを責め、「私の子育ては失敗だった」と落ち込む方がいらっしゃいますが、「当たり前」という前提がまずちがうのです。


 出会いについては、職場と家を往復していればだれもが結婚できたのは80年代まで。今では、自分から積極的に出会いをさがしにいかないと結婚できない時代になりました。


 また、今どきの結婚は昔のように型にはまって固定したものではないので、恋愛感情があるのが基本です。条件がいくらよくても、条件だけでは踏み切れないのが難しいところです。昔は、数回会っただけで結婚した人もたくさんいましたが、そういう時代とはちがいます。


 今のお子さんたちには「結婚生活とはこういうもの」というモデルがなく、これから二人で形をつくっていかなければなりません。「本当にこの相手でいいのだろうか」と考えれば考えるほど慎重になってしまい、なかなか結婚に踏み切れません。


 ときどき、「趣味なんか一緒じゃなくていいのよ」という親御さんがいらっしゃいますが、一緒に結婚生活を乗り切っていくためには、気が合うかどうかはすごく重要なこと。団塊世代で趣味を共有する夫婦は少ないのですが、団塊ジュニア夫婦は半数近くが趣味を共有しています。それも、ゲーム、マンガ、アニメといった趣味も、趣味のうちなのです。


 とにかくお父様、お母様世代が、「結婚とはこういうもの」「こうあるべき」というものと、今の結婚事情はあまりにちがいます。第1部のQ&Aでまずそれを理解していただき、第2部でお子様のためにお父様、お母様ができるささやかなサポートについてお話ししたいと思います。Q&Aは結婚相談の現場にいる方に取材協力していただき、実際に親御さんから持ち込まれる相談に即した内容になっております。


 実は、親御さんができることはほんの少ししかありません。「明日からこれをやれば、子どもが結婚できる」……そんな魔法のような方法があれば、ぜひお知らせしたいものですが、そんなものはありません。


 お父様、お母様が結婚しないお子様にできる最大のサポートは「子離れ」です。これからのお父様、お母様世代の充実した、幸せな老後のためにも、この本が少しでもヒントになればと思っております。


白河桃子 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2040文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次