読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1134299
0
戦国武将の病が歴史を動かした
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
家康の本音

『戦国武将の病が歴史を動かした』
[著]若林利光 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 秀秋の「乱行」の原因を考える前に、家康の本心をさぐってみる。家康は秀秋のことを本心ではどう思っていたのであろうか。家康の女婿で姫路城主の池田輝政が一六一三年に没した後、輝政の家督を継いだ輝政の嫡男・(とし)(たか)の評判を(ほん)()(まさ)(ずみ)が家康に告げたところ、家康は、「武蔵守(池田利隆)は金吾中納言(小早川秀秋)によく似ているぞ」と言った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:497文字/本文:682文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次