読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1135060
0
血管を強くして突然死を防ぐ!
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
睡眠不足は、糖尿病を招くリスク要因

『血管を強くして突然死を防ぐ!』
[著]池谷敏郎 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆──メラトニンをしっかり分泌させたい


 就寝前の適度な水分補給も終わったら、あとはぐっすり眠りましょう。上質な睡眠は、血管力を維持・改善するためにも大きな役割を果たします。

 睡眠中や入眠前に脳で分泌され、日中にはほとんど分泌されない「メラトニン」というホルモンがあります。

 このメラトニンは、どうやら血液中の糖分を代謝する作用にも必要とされるようで、メラトニンの分泌量が低い人では、2型糖尿病の発症率が通常の倍以上(2.17倍)になる、とする米国ハーバード大学マクムラン氏の研究があります。

 メラトニンが十分に分泌されるには、夜間に、続けて3~5時間程度は眠らなければなりません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1351文字/本文:1641文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次