読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1135846
0
はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき
2
0
2
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一つの深い恋情は、沢山の浅い情事にまさる。

『はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき』
[著]島地勝彦 [発行]二見書房


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 生来のプレイボーイで千人斬りの男よりも、たったひとりの女を激しく愛する男のほうが男の人生において価値がある。またそういう畢生(ひっせい)の深い愛はバイアグラのごとく男を奮い立たせ、女を(とりこ)にする魔力がある。

 結婚でも情事でも一人の女だけを愛するほうが、多穴主義より愛は切なく重く響く。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:532文字/本文:679文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次