読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1135870
0
はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
吝嗇(りんしよく)は生まれつきの持病みたいなものである。

『はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき』
[著]島地勝彦 [発行]二見書房


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ケチな人間は生まれつきケチで、生涯ケチで終わる。吝嗇(りんしょく)という病気は不治の病である。飲み屋でいざ金を払おうとすると、(たぬき)寝入りをしてしまう上司や、部下の飲み食いまでいちいち細かく文句をつける部長など、どこの会社にも枚挙にいとまがないほどいる。吝嗇は公金に対しても私金に対しても同じである、公私とも金銭感覚は一緒なのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:568文字/本文:739文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次