読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1135874
0
はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
天才と凡人のちがいは、困難な道と簡単な道が右左にあるとき、天才はあえて困難な道を選び、凡人は迷わず簡単な道を選ぶ。

『はじめに言葉ありき おわりに言葉ありき』
[著]島地勝彦 [発行]二見書房


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 これは瀬戸内寂聴さんが若いとき、岡本太郎に聞いた言葉である。そんなわけで天才岡本太郎は困難ないばらの道をあえて選んだという。それに倣って作家の瀬戸内寂聴さんもいつもいばらの道を選んできたそうだ。

 わたしも六十七歳で出版社の社長業を辞めたとき、ある有名な出版社の社長をしないかとお声がかかった。有り難いことであったが、わたしは売れるか売れないかは別として、あえて売文の徒の道を選んだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:569文字/本文:761文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次