読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1137036
0
年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法
2
0
2
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
年収220万円でも1000万円を貯金! 金持ち脳の奇跡

『年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法』
[著]Sancho [発行]インプレス


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 さて、暗い話題ばかりでは気が滅入ってしまいます。貧乏脳では高収入でもお金持ちになれませんが、もちろん逆もしかりです。金持ち脳を持っていれば、低収入でも、そこそこのお金持ちになることは難しくありません。


 金持ち脳の成功例としてお伝えするのは、年収220万円にもかかわらず貯金1000万円を貯めた、あるWEBデザイナー——Aさんの話です。彼の暮らしぶりを紹介すると共に“低収入・低所得でも工夫次第で貯金はできる”という事実をお伝えしたいと思います。


 年収220万円といえば、世間ではワーキングプアと呼ばれる低所得層です。しかし、金持ち脳の考え方ができていれば、貯蓄を殖やし、世間から見て“お金持ち”と見られるような金額を実現することも可能。しかも、ここで紹介するAさんは、なんと32歳にして貯金1000万円の大台を突破したのです。それでは、Aさんがどんな方法で奇跡のような貯金を手に入れたのか、その手法を学ぶことにしましょう。




 筆者が、Aさんの話を聞いて最初に放ったのは、「え、なんで? なんか悪いことでもやったの!?」という言葉でした。普通に考えれば、悪事に手を染めでもしない限り、彼の年収で貯金1000万円など考えられないからです。


 しかも、彼はカワイイ彼女がいて、いつもオシャレな服に身を包んでいて、最新のパソコンを持っていて、友人関係も多い……、何かとお金がかかりそうな生活スタイルの人種でした。趣味のマラソン、登山などにも費用はかかるでしょうし、無茶な節約生活をしているとも思いがたいのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:5355文字/本文:6006文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次