読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1137044
0
年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
必見! 成功者になるために必要な27のエッセンス

『年収220万円の32歳(男)が1000万円貯めた方法』
[著]Sancho [発行]インプレス


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 世の中に絶対の法則を見つけるのは難しいですが、大まかな傾向は確実に存在しています。実際、お金持ちになる人、多額の財産を手にする人は多くの場合、こんな性質を持っている……という明確な傾向があるのです。


 本書で言うところの金持ち脳は、まさにそういった性質のことで、統計的に“こういう性質を持っている人はお金持ちになりやすい”というデータの集積です。


 中には、いわゆる“天賦の才”として金持ち脳を持っている人もいますが、すべての成功者が生まれついての金持ち脳だったわけではありません。金持ち脳の考え方は、後天的に意識して身につけることができるからです。


 ここでは、皆さんに貧乏脳を脱却し、成功者の思考回路——金持ち脳を理解し、獲得して頂くために、金持ち脳の何たるかを紹介したいと思います。



・金持ち脳とは


 高所得者や成功者のような“お金持ち”に共通する考え方、言動、人付き合いや普段の生活における特徴。


・貧乏脳とは


 お金が貯まらない人、収入が増えない人、何をやっても失敗する人など、“貧乏”から抜け出せない層に共通する考え方、言動の特徴など。



 これら2つの考え方と貧富格差の関連については、著名な脳科学者や深層心理を研究する専門家による報告でも明らかにされているそうです。それでは、金持ち脳、貧乏脳の違いを理解し、将来、金持ち脳になるための考え方を学びましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4869文字/本文:5448文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次