読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1138315
0
子どもを救う・守る・死なせない☆必須教科書 『いじめ』は2学期からひどくなる!
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
いじめというより、暴力そのもの!!

『子どもを救う・守る・死なせない☆必須教科書 『いじめ』は2学期からひどくなる!』
[著]佳川奈未 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

死ぬ練習・葬式ごっこは、いじめのメイン行事! 容赦なしの悪軍団のやることとは!?



 うちの息子が中学校に入ってからも受けていたいじめは、聞くに耐えないものでした。


 息子が、そのことのすべてを話してくれた日のことをわたしはいまでも、はっきり覚えています。とにかく、聞いているだけで、体がわなわなと震え、気を失いそうになったくらいです。



 親というのは誰でも、自分がお腹を痛めて産んだ、愛するわが子が、わけもなく他人に痛めつけられることほど、悲しくやりきれないことはありません。


 小さい頃から、かぜをひかないように、怪我をしないように、心を傷付けないようにと、大切に育てているわけですから。


 それを赤の他人が平気で心や体を痛めつけにくるというのは、自分を傷付けられるよりも、何倍も、もっともっと辛く苦しいものです!



 どのような経緯で、息子がいじめに関するすべてのことをわたしに告白してくれたのか、そこからどうやって解決できたのかについては、第2章ですべてお伝えいたしますが、実態としては、次の通りです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3432文字/本文:3879文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次