読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1139046
0
トップ1%のサッカー選手に学ぶ成功哲学
2
0
3
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
01 トップ1%のサッカー選手は、思考が現実化することを知っている

『トップ1%のサッカー選手に学ぶ成功哲学』
[著]水野俊哉 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ

トップ1%のサッカー選手は、

夢を現実化する力がとてつもなく強い。

強烈な思いがあれば

夢は叶うのだ。


12歳の時に、セリエAでプレーしたいと、作文に書きました」

本田圭佑(ACミラン)



 2014年1月8日、日本代表のエース本田圭佑がイタリア・セリエAの名門クラブACミランに入団した。


 ロシアリーグのCSKAモスクワ時代から去就がニュースになり続けてきた本田だが、現地での扱いもスーパースター級だ。


 なにしろミランが本田に用意した背番号は10番。かつてはオランダ代表のエース、ルート・フリット、ポルトガルのナンバー10ルイ・コスタ、ユーゴスラビアの〈天才(ジュニオ)〉デヤン・サビチェビッチ、クロアチアの英雄ボバンらが付けていた「ロッソネロ(ACミランの愛称)の10番」だ。


 日本のキングがヨーロッパのサッカーキングへの第1歩を踏み出したと言っていいだろう。



 その記者会見で本田は、こう語っている。


12歳の時に、セリエAでプレーしたいと、作文に書きました。(背番号)10番を付けたいと。本当にここに来たかったですし、10番が欲しかった。自分が何者であるかを、ピッチで示したい」(『日刊スポーツ』(2014年1月9日)より)



 社交辞令ではないのかといぶかる取材陣に本田はこう語っている。


(――どうしてミランに来ることが夢だったのですか)

「ミランでチャンピオンになり、チャンピオンズリーグで勝つこと。それしか考えていない。すべての選手を子供のころから知っている。毎週毎週見ていた。日本で一番有名で強いリーグ」(『日刊スポーツ』(2014年1月8日)より)



 現代の成功哲学の代表作である『思考は現実化する』(きこ書房)において、著者のナポレオン・ヒルは「人間は、自分自身の習慣や環境を作り出すことができるのです。人間は、自分で自分の運命を決定することができるのです。将来を自分で築き上げる脳力、目標を自分で選ぶ脳力が人間にはあるのです」と書いている。

『思考は現実化する』は、若き日のナポレオン・ヒル博士が鉄鋼王アンドリュー・カーネギーに依頼されて20年もの月日を費やして記された大著である。



 同書では、〈成功するための6原則〉として、第1の原則の「明確な目標を持つ」を筆頭に、以下、第2は「プラスアルファの努力」、第3は「調和の精神」、第4は「信念の現実化」、第5は「自己規律」、第6は「自然の法則」を挙げている。



 12歳の本田少年が『思考は現実化する』を読んでいたとはとても思えないが、彼の言動をチェックしていると、まるで『思考は現実化する』を100回くらい読み込んだのではないかと思えるほど、成功法則が血肉化されている。


 いや、『思考は現実化する』だけではない。


 僕はビジネス書の作家としてデビューしてから、読んだビジネス書は優に数千冊を超えるが、本田だけではなく、トップアスリートの言っていることは世界中の成功者や成功者の言動を研究した成功哲学とほぼ一緒であることに気付いたのだ。



 これは自己啓発マニアも真っ青だろう。トップ1%のサッカー選手になると、言動のすべてが成功哲学になっているのである。


◎チャンスを掴む人になるために 01


 明確な目標を持つ


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:0文字/本文:1323文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次