読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1139157
0
女子会「憲法」サークル
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 仕事と憲法 1

『女子会「憲法」サークル』
[著]近藤三津枝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

結婚しても、妊娠しても、出産しても、働きつづけることができるの?


 A:男女平等といっても、女性は結婚、妊娠、出産と、男性とは違うライフステージがあるわね。

 B:そこがなかなか男性にはわからない。

 A:会社の上層部って、断然男性が多いものね。なかなか女性の立場を理解してくれないのが会社なのかしら。

 C:そんなことないはずよ。憲法では男女は平等ってなっているじゃない。結婚しても、妊娠しても、出産しても、女性が働きつづけることができるようにならないのかしら。

女性の就職「M字カーブ」


 結婚、妊娠、出産など、女性のライフステージで、仕事との狭間(はざま)で悩むOLの会話です。

 男女平等といいますが、男性にはもう少し女性の立場を考えてほしいと思うことはよくあります。そのようなことの一つを端的に表すグラフがあります。日本女性の「ライフステージと仕事との関係」を表した「M字カーブ」です。

「M字カーブ」は、「女性の年齢」と「仕事をしているか、していないか」(就業率)、この二つの関係を示したグラフです。

 グラフにあるように、女性の就業率は、学校を卒業して初めて社会に飛び立ったあと、二十代後半で最初のピーク(七五%)を描きます。そして、三十代後半で「M字の谷(六七%)」を刻みます。四十代後半になると再び、二つ目のピーク(七五%)をつくるというM字を描いています。男性の就業率は年齢によらず九〇%以上と、ほぼ一定となっているのとは大違いです。

 つまり、女性は、結婚、妊娠、出産、育児、配偶者の転勤などのライフステージの各段階で、「仕事を続けることができるか、できないか」の選択に迫られています。家庭・家族などと仕事との折り合いを、どうやってつけていくかという問題に直面している女性がたくさんいます。

 それでは日本国憲法には、男女の平等についてどのように定められているか、見てみましょう。

 憲法一四条には「国民は法の(もと)に平等で、性別によって差別されない」ことが定められています。そして憲法二四条には、「夫婦は同じ権利をもつこと」、そして「結婚、相続、住居選択、離婚、家族などに関する法律は、男女平等のもとに定めなければならない」となっています。

ますます求められる女性の社会進出


 このように、憲法で保障された男女平等ですが、国民の意識にはかなりギャップがあるようです。それは、平成二十四年に内閣府が行なった「学校、家庭、職場、社会通念、政治などで、男女は平等になっているかどうか」という「男女共同参画社会に関する世論調査」に表れています。その結果、「男女は平等」と答えた人の割合は、「学校教育の場」で六七・〇%、「家庭生活」で四七・〇%、「職場」で二八・五%、「社会通念・慣習・しきたりなど」で二一・四%、「政治の場」で一八・六%となっています。
「職場」「社会通念など」、そして「政治の場」で男女の地位が平等ではないと答えた人がまだまだ多いようです。

 日本は世界に類を見ない人口減少、少子高齢社会に突入しています。働き手が少なくなるなかで、今後ますます女性の社会進出が求められます。いまこそ、やりがいのある仕事を長く続けたいと希望する女性が、その能力を存分に発揮することができるにはどうすればよいか。企業だけでなく国、地方自治体、地域、そして家庭それぞれが知恵を出して変える努力をしなければならない時代なのです。


   この会話に関係する「日本国憲法」

  第一四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

  第二四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

   配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1654文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次