読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
50
kiji
0
0
1139173
0
女子会「憲法」サークル
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
16 国際社会で活躍することと憲法(邦人保護) 1

『女子会「憲法」サークル』
[著]近藤三津枝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

海外で危険な目にあったら、本国の日本は私たちを助けてくれるの?


 A:アルジェリアの日本人人質事件、ショックだったわ。

 B:グローバル化が進むと、事件に巻き込まれるリスクはさらに高まりそうね。

 C:日本にいれば、日本語ですべてできちゃうし、治安もいいから、海外へ留学しようなんて私は思わないわ。

 A:でも、国際化がさらに進むっていうじゃない。そんなことしていたら、日本だけが世界から取り残されちゃうんじゃない。

 B:日本国内の治安は世界一といわれるけれど、海外に出たら、本国の日本は私たちを守ってくれるのかしら、不安だわ。

「内向き志向」の若者たち


 二〇一三年一月、アルジェリアの天然ガス精製プラントで起きた人質事件を憂慮(ゆうりよ)する女子学生の会話です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1488文字/本文:1815文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次