読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1139185
0
女子会「憲法」サークル
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
26 選挙制度と憲法 1

『女子会「憲法」サークル』
[著]近藤三津枝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

都会と地方で一票の重みが違うって、どういうこと?


 A:ほんと、おかしいと思う。私の一票は、地方の二分の一の価値だっていうじゃない。

 B:それじゃ、あなたの一票は「半券」っていうことなの。

 C:でも、どんどん地方の人口が減って、仕事などを求めて、首都圏は人口が増えている。

 A:それじゃ私の一票は、このままじゃ半券にもならないってこと?

解消されない「一票の較差(かくさ)


 国政選挙での一票の較差(かくさ)について議論する女性の会話です。

 憲法一四条は「法の(もと)の平等」を定めた条文です。

 この「平等」に関して頻繁に裁判で争われるのが「一票の較差」の問題です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1945文字/本文:2227文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次