読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1139378
0
言葉のおしゃれ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
東京ことば

『言葉のおしゃれ』
[著]楠本憲吉 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 方言――ある地方だけで使われる、標準語と違った語。俚言(りげん)。この方言も、美しく使えば、あたかも第二外国語のように、重宝(かつ)便益なものだと私は思います。私の知っている限り、方言をきわめて美しく使うひとは、長崎弁の山本健吉氏、熊本弁の中村汀女氏です。私自身も大阪出身であるため、大阪弁という方言を有効適切に使うように心掛けていて、現に、堂々と使っています。

 ラジオ、テレビなどのマスコミの普及発達により、日本国中到るところに都会の流行が浸透し、ことばも標準化されていきましたが、逆に、大阪弁の場合、標準語を方言化させている点に留意したいものです。

 私はこれをことばの東漸(とうぜん)とよんでいますが、たとえば、湯屋が風呂屋、床屋が散髪屋になった例を見ても、いずれも風呂屋、散髪屋という関西弁化していることを示しているからです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2743文字/本文:3111文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次