読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1139400
0
言葉のおしゃれ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
花便りがとどきました

『言葉のおしゃれ』
[著]楠本憲吉 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一般的な手紙では、冒頭のことばの次にくるのが時候の挨拶である。

 日本人ならば、必ず「暖かになりました」「お暑うございます」「大分、涼しくなりました」「ずいぶん寒い日が続きますね」といったことばを交わすのが、きわめて自然に行なわれている。

 このように、季節のことばというのは、自分と相手の共同理解の場を生むための結び目の役割を果たし、特に他のことばより強いきずなになりやすいものである。季節のことばの持つ普遍性、日常性、具象性、定着性が重んじられ、他のことば以上の質量感をそこから引き出すことができるからだろう。

 手紙の場合も全く同様である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2071文字/本文:2342文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次