読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1140071
0
個人商店の利益を上げるIT活用術
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3.無料オフィスソフト、画像加工ソフトの活用

『個人商店の利益を上げるIT活用術』
[著]秦本幸弥 [発行]すばる舎


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ソラと一緒に仕事をするようになって3ヶ月。もう季節は秋の入り口に入っている。取り組みはかなりのんびりとしてるけど、確実に前に進んでいるという実感がある。次はどんなことができるのか楽しみで仕方ない。こんな気持ちになるのは、店を継いでから初めてかもしれない。


 もちろん、ソラのご飯はグレードアップした。今では3日に1回は猫缶にしている。ソラの元気が、お店の元気に直結してるからね。


 今日はお店の定休日。あたしは今、最寄りのホームセンターに来ている。目当てはペットグッズ売り場。最近よく来るようになった場所だ。ほんのちょっとだけど財布に余裕が出来たら心にも余裕が出来た。だから前から欲しくても買えなかった物を買おうと思っているんだ。

「どれがいいかなぁ」


 あたしは売り場にある色とりどりの商品から、ソラに似合う物を探す。茶色も捨てがたいけど、ソラは白い毛に黒い斑模様だから、絶対赤が似合うよね。よし、決めた。


 あたしは会計を済ませると、寄り道をせずまっすぐ家に帰る。

「ただいまー」

「おかえり、美琴」


 こうしてソラが迎えてくれることが当たり前の日常になっている。そんな当たり前の幸せをあたしは噛みしめる。


 何年か前までは、家族3人で裕福ではないけれど楽しく賑やかな毎日を過ごしていた。家に帰れば母が「お帰り」と言ってくれた。それがある日、突然両親が事故で亡くなり、1人で生活をすることになってしまった。最初は悲しさに暮れていたけど、途中からその気持ちは寂しさに変化していった。誰も「お帰り」と言ってくれない。誰も相談相手になってくれない。本当に寂しい毎日だった。


 そんなあたしの心にソラは寄り添ってくれた。ソラがどう思っているかは分からないけど、少なくともあたしはそう思っている。ソラが来てくれてから毎日が充実している。あたしの中でソラの存在は日増しに大きくなっていく。ずっとこんな日が続けばいいな。最近そう思うことがよくある。

「今日は早かったね」

「うん。ソラにプレゼントを買ってきたからね。早く渡したくて」

「プレゼント?」


 あたしは「じゃーん」と言うと、今しがた買ったばかりの真っ赤な首輪をソラに見せる。

「首輪?」

「そうだよ。ずっと買ってあげられなかったけど、ようやく買えたんだ」


 どうしても仕事や生活必需品を優先すると、なくても生きていける首輪まで買う余裕がなかった。でも、いつまでもずっと無しはイヤだった。それだと野良のままみたいだからね。


 あたしはその首輪についている商品タグをはさみで切ると、ソラへつける。

「うん。よく似合ってるよ、ソラ。これで家族の一員だね!」


 想像どおり、白と黒の毛に赤のコントラストが映えている。ソラはその感触を確かめているのか、今までつけてなかった首輪に違和感を感じているのか、頭をせわしなく動かしている。

「どう……かな?」


 ちょっと不安になってきた。イヤだって言ったらどうしよう。もちろん無理強いはしないけど……。そう思っていると、ソラはテテテッと玄関の前に置いた姿見の前に行き、自分の姿を眺めはじめた。

「うん。カッコいいね。美琴、ありがとう!」


 よかった。気に入ってもらえたみたい。ソラはあたしのもとへ戻って来ると、ちょこんと膝の上に飛び乗る。あたしはソラの全身をまんべんなく撫でる。

「ずっといつまでも一緒にいてね、ソラ」


 あたしのその言葉に、ソラは「うん」と返事をしてくれることはなかった。



   ◇



 翌日。静かな店内にカタカタとパソコンのキーボードを打つ音だけが響いている。あたしは今、毎日の売上と仕入金額をエクセルに入力しているところだ。パソコンは苦手だけど数字を打つだけだったら得意。ソラは窓から差し込む陽だまりスポットで日向ぼっこをしている。朝晩は空気が気持ちよくなってきた。きっと日向ぼっこは気持ちいいのだろう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8681文字/本文:10257文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次