読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1140176
0
日本共産党と中韓 − 左から右へ大転換してわかったこと −
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
マルクス共産主義は夢物語だったのか

『日本共産党と中韓 − 左から右へ大転換してわかったこと −』
[著]筆坂秀世 [発行]ワニブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

『共産党宣言』には、「労働者は祖国をもたない」、「プロレタリアは、革命においてくさりのほか失うべきものをもたない。かれらが獲得するものは世界である。(中略)万国のプロレタリア団結せよ!」とある。


 だが、現実はどうであったか。「マルクスのこのプロレタリアートはユートピアの世界の主人公であって、現実の労働者ではない。産業革命期の悲惨な立場におかれた労働者は世界史的存在としての意識はもてなかったし、その生活が改善されるに応じて、労働者は失うべきものと祖国をもつようになるからである」(和田春樹著『歴史としての社会主義』岩波新書)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:924文字/本文:1188文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次