読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1140220
0
日本共産党と中韓 − 左から右へ大転換してわかったこと −
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
原爆とマルクス主義者・共産党

『日本共産党と中韓 − 左から右へ大転換してわかったこと −』
[著]筆坂秀世 [発行]ワニブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 平成一九年(二〇〇七年)六月三〇日、久間章生防衛相(当時)が、千葉県柏市の麗澤大学で「わが国の防衛」と題して行った講演で、アメリカが広島、長崎に原爆を投下したことについて、「米国はソ連が日本を占領しないよう原爆を落とした。無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったという頭の整理で、今しようがないと思っている」と語ったことが大問題になり、大臣辞職に追い込まれたことがあった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:920文字/本文:1112文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次