読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1140614
0
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 ときには敢えて忙しさを引き受けてみる

『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣』
[著]水島広子 [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆一度やってしまえば、後がラクなとき


 メリハリをつける際には、後々時間の節約につながると思うものに敢えて時間を投資する、という考え方も必要です。「あれもやらなければ、これもやらなければ」「あれも終わっていない、これも終わっていない」と考えて何かをするのではなく、「一時的に忙しくなるけれども、ここで敢えて時間を使って取り組んでおけば、後で楽になる」と考えて主体的に引き受けるのです。

例 公共料金の引き落としの手続きをしていないので、しゅっちゅう止められそうになる。でも、忙しくて、手続きができない。


 この例など、「引き落としの手続き」という投資をするだけで、その後永遠に忙しさから解放される、という典型例でしょう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1784文字/本文:2091文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次