読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1141588
0
天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 いつも自然体でいることができる人 事例──「徳光和夫」という存在

『天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント』
[著]テリー伊藤 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「構えない」でいられる凄さ



 人間、だれしも、「この人には一生、かなわないなあ」と感じる人がいるはずだ。私にとって、それが徳光和夫だ。


 徳光さんが日テレのアナウンサーだったころから、いろんな番組で一緒に仕事をしたり、巨人ファン同士、お互いに顔を合わせてペナントレースの行く末を案じたり、ずっと彼の人となりに接してきたが、いつも「この人にだけは勝てないなあ」と思う。


 それを再認識したのが、07年から08年にかけて放送された『オジサンズ11』という番組だった。タイトルどおり、毎回、11人のオジサンたちが出てきてフリートークを展開する番組だったが、この顔ぶれがおもしろい。


 徳光和夫さん、小倉智昭さん、福留功男さん、山中秀樹さん、鈴木史朗さん、露木茂さん、薬丸裕英さん、生島ヒロシさん……。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2474文字/本文:2817文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次