読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1141590
0
天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8 センスのなさを努力と工夫でカバーできる人 事例──「宮崎大輔」という存在

『天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント』
[著]テリー伊藤 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「見てほしい」を原動力にする



 日本では「マイナースポーツ」の扱いを受けてきたハンドボール。そのなかから、日本中が注目するようなスター選手が現れるなんて、ほんの少し前までは、だれひとり予想できなかったことだ。日本ハンドボール界のエース、宮〓大輔。彼の出現は日本ハンドボールをメジャーに押し上げる大きなきっかけとなった。

「宮〓大輔が有名になったのは、あの『中東の笛』のおかげじゃないか」


 そういうのは簡単だ。しかし、それならば、モメ事が起きればいつでもスターが生まれるかといえば、まったくちがう。競技団体の内紛劇や不正判定は、歴史上、いくらでもある。だが、そもそも、そこにスターになるべき人間が存在していなければ、スターは誕生しえないのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2241文字/本文:2557文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次