読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1141601
0
天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
17 「感動」を生み出すことができる人 事例──「辻井伸行」という存在

『天才たちの流儀 いつもの自分から抜け出す22のヒント』
[著]テリー伊藤 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「辛さ」が「幸せ」に変わる()()



 バン・クライバーン国際ピアノコンクールで見事、優勝を飾った〓井伸行さん。


 この受賞の知らせが日本に届いたときに、私が出演している番組『スッキリ!!』でもその様子を詳しく伝えたが、これほどスタジオが華やいだのは近年、まれにみることだった。画面に映るすべての人々が笑顔、スタッフも笑顔、きっとテレビを見ている人たちも一人残らず笑顔だったはずである。


 それは、全盲というハンディキャップを乗り越え、日本人として初めて勝ち取った栄冠というトピックスも要因だろう。だが、それ以上に〓井さん自身が放つオーラが日本中を明るく照らしたように私にはみえた。


 ピアノも音楽もよくわからない人たちでさえ、「すごい日本人ピアニストが出てきたぞ」と感じ、「なんだか、この人の音楽は私たちを幸せにしてくれそうだ」と感じたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2298文字/本文:2667文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次