読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1141650
0
人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
バイクとのコミュニケーション能力

『人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃』
[著]小池淳義 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 バイクに馴染んでくるにつれて、六五〇CCでは物足りなくなってきた。そこで同じBMWの売り物のひとつであるボクサーエンジン、排気量一一五〇CCに買い替えた。


 このバイクは、これまで以上に倒さないとカーブがうまく曲がれないなど、扱いが格段に難しい。


 しかし、それはバイクの醍醐味でもある。より繊細な操作が必要なのはそのとおりだが、一方で、こちらの意思がバイクにうまく伝わると、想像を超えるパフォーマンスを発揮してくれるのだ。


 まるで機械とコミュニケーションをしているような感覚なのである。こうして、私はますますバイクの魅力に引き込まれていった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1553文字/本文:1824文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次