読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1141750
0
暦のたしなみ − しきたり・年中行事・季節のうつろいまで −
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
清浄感をもっとも尊む

『暦のたしなみ − しきたり・年中行事・季節のうつろいまで −』
[著]小笠原敬承斎 [発行]ワニブックス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 神事の前には必ず(みそぎ)をして身を清め、さらに罪やけがれを祓います。


 つまり、日本人にとって清らかであること、清めることは、信仰そのものといってもよい感覚であったのでしょう。


 それは、結婚や葬儀のときに白装束が用いられたことにも表われています。


 葬儀に関していえば、死はけがれであるため、死者は白い着物でけがれを祓わなくてはなりません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:310文字/本文:481文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次