読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1142484
0
ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント
2
0
3
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント』
[著]小川仁志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ

はじめに──なぜジブリアニメで哲学するといいのか?


 ジブリアニメは国民的人気があります。いや、世界的に人気があるといってもいいでしょう。しかも子どもだけではなく、大人まで楽しめるのが特徴です。なぜならそれは、人間にとって重要な深いテーマを描いているからです。


 特に(みや)(ざき)駿(はやお)監督の作品には、哲学的と呼ぶにふさわしい深いメッセージが込められています。それは宮崎監督自身が、入り口も出口も同じように敷居の低いディズニー映画と比較して、自分の作品は出口の敷居を高くしていると表現されている通りです。


 つまり、一見アニメなので敷居が低いように見えるけれども、内容が深いために、簡単にはすべてを理解できないし、後から考えさせられるということです。このことは、宮崎アニメを観たことがある人ならすぐに納得できるでしょう。



 私はこれまで、いわゆる歴史上の哲学者が書いたものを対象に研究をしたり、本を書いたりしてきたのですが、最近は宮崎アニメを哲学の研究対象として扱うようになりました。そして、これまですでにヨーロッパやアメリカでそのことについて発表してきました。


 宮崎アニメを哲学するというのは、従来の哲学の学会ではあり得ないことでした。日本学研究やアニメ研究としてはもちろん人気のテーマですが、それはまた別の話です。ところが実際に発表してみると、幸いにも多くの研究者や学生たちから賛同を得ることができたのです。


 少しその内容を紹介しておきたいと思います。私の主張は大きく分けて二点です。


 まず一点目は、宮崎駿は一般には哲学者とはみなされていないけれども、その作品の内容の奥深さからすると、歴史上の哲学者たちに勝るとも劣らない深い思索をしているということ。


 二点目は、ただしそれは、本をテキストとする伝統的な哲学に対して、「アニメ哲学」ともいうべき思考の新しい表現方法であるということです。


 哲学であるためには、何がなんでも本を書く必要があるというわけではありません。そもそも哲学の父ソクラテスは、1冊の本も残していません。大事なのは思考、そしてそれを言葉で表現することです。


 その意味では、宮崎監督は深く思索し、その成果をアニメという形で表現している哲学者といっても過言ではないのです。その思索の成果が、登場人物たちの言葉で語られるのです。いや、正確にいうと、アニメですから必ずしもすべてが言葉で語られるというわけではありません。


 そこが二点目のアニメ哲学に関係してきます。アニメ哲学というのは耳慣れない言葉だと思います。おそらく私の造語です。少なくとも今から定義する意味でのアニメ哲学は、私のオリジナルであるといっていいでしょう。


 アニメは本と違って、文字ではなく動画で表現されます。動画は本を読むのと異なり、自分のペースで読み進めていくことができません。映像が映し出されるがままについていくだけです。たとえば100分間のアニメ映画を観るときは、全員がそれを100分かけて、同じペースで観るのです。


 このとき私たちは、やはり何かを考えながら鑑賞しています。そこは哲学書を読んで思考するのと同じなのですが、違うのは「自分のペースではない」という点です。そのため私たちは、理性よりも、どちらかというと感性を働かせて思考しているのです。


 じっくりと頭で考えている暇がないので、一つひとつの場面で何かを「感じる」ことのほうが重要になります。これがアニメを観ながら思考するということの意味です。


 その(いとな)みは、哲学書を読んで理性で考えるというのとは異なります。でも、思考しているのはたしかです。そこで、その感性に重きをおいた新しい思考のあり方をアニメ哲学と名付けたのです。アニメ哲学は、作品と自分の感性をシンクロさせることによって、感じたままを言葉にする営みにほかなりません。


 もちろん、アニメ以外の映画でも同様の効果は生じます。しかし、アニメというコンテンツはその性質上、実写に比べるとフィクションの度合いが強くなることから、想像の余地が大きくなります。その点で特殊性を持ちます。言い換えると、思考の幅が広くなるということです。



 本書では『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』まで、宮崎監督が脚本と監督を務めた長編アニメ10作品を取り上げ、そこに登場する主要な諸概念を哲学してみました。これらは、私が各々の作品を見ながら思考したことをメモとして書きとめ、それをまとめたものです。


 先ほど説明した通り、伝統的な哲学と違い、じっくりと文章を読んで、時間をかけて考えたものではありません。感性を最大限鋭くしてその場で考えたことを、きちんと言葉で表現しただけです。もしこれらの文章が形式としては詩やエッセイに近く、それでいて哲学的思考のようなものを感じさせる要素をはらんでいるとしたら、私の試みは成功しているといえるでしょう。


 正直、個人的にはうまくいったと感じていますが、最終的にはその成否は読者の皆さんに(ゆだ)ねざるを得ません。


 読者の皆さんも、ぜひこれらの作品を観ながら、アニメ哲学に挑戦してみてください。その際、今回の私の思考の成果が、少しでも皆さんの思考の参考になれば幸いです。


 なお、各項目に「考えるためのヒント」をつけておきました。これは私がそのテーマについて哲学するにあたって、映画のどの部分に着目したかを示すものです。どこからアプローチすればいいのか、いわば思考の道筋を示すためのヒントだと思ってもらえばいいでしょう。それでは早速始めましょう!

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:-25文字/本文:2258文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次