読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1142494
0
ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「呪文」とはなにか?

『ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント』
[著]小川仁志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

考えるためのヒント

なぜシータだけが滅びの呪文を知っていたのか?



『天空の城ラピュタ』では、二つの呪文が重要な役割を果たします。一つ目は、「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」。そして二つ目は、滅びの呪文「バルス」です。

「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」のほうは、ラピュタ語で「我を助けよ、光よよみがえれ」という意味になっています。シータがこの呪文を唱えると、飛行石が光を放ち、まるで長年の眠りから覚めたかのようにロボット兵が動き出します。

「バルス」は、同じくラピュタ語で「閉じよ」という意味になっています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1236文字/本文:1512文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次