読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1143040
0
片づく! 見つかる! スピーディー![完全版]超ファイルの技術
2
0
9
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1「探しモノ」が多い人は、仕事も人生もうまくいかない

『片づく! 見つかる! スピーディー![完全版]超ファイルの技術』
[著]刑部恒男 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
9
| |
文字サイズ

いつも探しモノばかりしていると、仕事も遅くミスも増える。

キッチリしたファイリングシステムがあれば整理もうまくいく。


◆必要なモノがすぐに出てくる「しくみ」をつくろう!



 たとえば仕事中に、必要な資料が見当たらない。あの資料はこの間の仕事で使ったはずだけど……どこに片づけたかわからず、机の上の資料の山をひっくり返しても見つからない。机の上はさらに乱れ、結局、資料は見つからずストレスと疲れだけが残る。


 このように、必要なときに必要なモノが出てこないと、仕事がスムーズに進まないだけでなく、イライラしてミスも起こりかねない。



 せっかく乗っていた仕事のペースが、たったひとつの資料探しで中断されてしまうこともある。そこへ突然、得意先から電話が入り先日の案件の返答を迫られる。机の上は先ほどの資料探しで無残な状態だ。一番上に置いていたはずの得意先の案件が行方不明になり、不手際な対応でせっかくの商談が泡と消えてしまった……。


 こんな経験はないだろうか。


◆探しモノの時間は「無駄な時間」でもある



 資料探しのムダ時間を、経費として計算した人がいる。それによると、1000人の社員が毎日10分間書類探しをすると、1年間で1億円の費用がかかるそうだ。わずか10分間でも、1企業でのムダ経費が年間1億円になるのだ。


 個人でも同じである。人間に与えられた時間は、1日24時間。この時間でどれだけ「モノ探し」の時間を削れるかが、スムーズな生き方&仕事術のカギになる。



 あなたがモノ探しに1日10分以上費やしているようなら、要注意である。


 探しモノをしなくてすめば、ムダな経費も出ていかない。スムーズに仕事が運ぶので、仕事が楽しくなるだろう。その結果、気持ちもラクになる。


 そのためには、仕事を進めやすい環境をつくらなければならない。よく、きれいに片づいているのだが探しモノが多い、という人がいる。これは「片づけ」はできていても「整理」ができていないからだ。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
9
残り:0文字/本文:816文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次