読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143278
0
ファストフードの恐ろしい話
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
発砲事件

『ファストフードの恐ろしい話』
[著]剣崎次郎 [発行]彩図社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 六本木にある店舗の前は、土曜日の明け方だが多くの外国人が往来し、賑わっていた。40人以上はいるだろうか、そのほとんどは酔っ払いだ。


 この時の私の勤務時間は、前日の午後9時から翌朝6時まで。仕事はいつになく忙しく、疲れはピークに達していた。時計の針は5時50分を指している。あと10分で仕事が終わると気を引き締めた時、事件は起きた。


 店の外に設置してあるゴミ箱付近から、「パン!」という乾いた音が聞こえたのだ。

「なんだ……? まさか!」


 私は、その音がピストルの発射音だと思った。本物の銃声など聞いたことないが、なぜかそう直感したのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2339文字/本文:2607文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次