読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143389
0
わかりやすい家族への信託
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【04】家族のこと、誰に相談すればいい?

『わかりやすい家族への信託』
[著]酒井俊行 [発行]すばる舎


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


◆家族信託を考えた時、誰に相談するのがいい?



 田中賢一さんから「家族信託について相談したい」ということで、私に連絡がありました。インターネットや書籍で家族信託について調べていくうち、司法書士が家族信託を取り扱っているということがわかり、以前、登記手続をしたことがある司法書士ということで私に連絡をされたようです。


 インターネットで「信託」「家族信託」を検索してみると、銀行や保険会社のような金融機関、不動産会社など、さまざまな会社のホームページが出てきますし、弁護士、税理士、行政書士、司法書士など、いわゆる士業のホームページも出てきます。


 例えば、病気の場合は医師、裁判の場合は弁護士、税金の場合は税理士というように、その専門分野ごとに国家資格を有する専門家がいますので、ケースに応じてそれぞれの専門家に相談することができます。


 残念ながら、家族信託だけを専門に扱う国家資格というのは、今のところありませんので、誰に相談すればよいのか、少し迷ってしまうかもしれません。


 家族信託について相談したい場合、専門家に相談するのはもちろんですが、家族信託の「目的」や財産の種類に応じて、適切な相談先を選択する必要があります。


 専門家は、それぞれの武器である専門領域の中で問題を解決しようとしがちです。


 しかし大切なのは、どの専門家にどんな方法を使ってもらうかではありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4750文字/本文:5334文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次