読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1143390
0
わかりやすい家族への信託
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【05】家族信託ってどんなもの?

『わかりやすい家族への信託』
[著]酒井俊行 [発行]すばる舎


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


◆家族信託の仕組みを知る



 家族信託は「家族を信じて財産を託す、新しい財産管理の手法」と言われることがあります。


 新しい財産管理の手法と言われてもピンと来ないと思いますし、賢一さんが家族信託についてよく知らないのも無理はありません。家族信託という言葉がよく使われるようになったのは、ここ数年の話だからです。

「家族信託という言葉を初めて聞いた」という方や、「聞いたことはあるが、どういうものかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

「信託」という言葉で比較的よく知られているものとしては、信託銀行や投資信託といった金融機関や金融商品をイメージさせるものが多いと思います。


 しかし、これらの金融商品と家族信託は「全く違うもの」というイメージをまずは持っていただきたいと思います。


 家族信託をイメージするためのキーワードを三つ紹介します。これを覚えておくと、家族信託がどんなものか大まかにつかめると思います。


①個人戦から団体戦へ

②新しく家族の財布を作る

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3661文字/本文:4089文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次