読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143417
0
タダより高いものはない
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最低賃金と雇用の関係を検証する

『タダより高いものはない』
[著]上念司 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本においても、最近、最低賃金の上昇と失業率の上昇が必ずしもリンクしていないというデータが確認されるようになりました。株式会社日本総合研究所のレポートによれば、「近年は最低賃金が継続的に上昇するなかでも、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少による人手不足の高まりで、失業率は逆に低下」しているとのことです。次のグラフをご覧ください(図表2‐3)




 最低賃金は右肩上がりですが、二〇〇九年ごろから失業率は右肩下がりになっています。二〇一七年に入ってから、失業率は三%を切っていますので、これだけ見ると、最低賃金を上げたからといって、必ずしも失業が増えるわけではないということになります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1965文字/本文:2257文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次