読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1143563
0
明治日本の産業革命遺産
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『明治日本の産業革命遺産』
[著]柳澤伊佐男 [発行]ワニブックス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 この本が世に出る頃、「明治日本の産業革命遺産」は、どうなっているのでしょうか。


 そして、世界遺産委員会での審議に向けて、政治的な駆け引きを繰り広げた日本と韓国の関係はどのようになっているのでしょうか。

「産業革命遺産」の行き先は、これまでも想像がつかないことばかりでした。本を書く上で、一番困ったのは、基礎的な資料とすべき日本語の書籍、資料がほとんど見当たらないことでした。推薦書そのものも、入手できたのは、英語で書かれたものでした。また、関係の資料も非公開、未公開のものが多く、遺産の全体像をつかむために相当の時間を費やしました。


 また、私自身が解説委員室から長野放送局へ異動するため、登録を決める世界遺産委員会の取材ができなくなったことも足かせになりました。現地の情勢を体感しなければ、よい記事が書けるはずはありません。


 さまざまな事情があり、本の執筆を引き受けたものの、途中で断ろうかと考えたこともありました。


 与えられたチャンスだからと力を振り絞り、なんとか最後まで執筆を続けることができました。これもひとえに、書籍編集部の杉本透子さんと家族の叱咤激励のおかげと感謝しております。


 執筆は、日常の業務を終えてからでした。今も引越し用のダンボールが部屋の片隅に詰まれたままです。この本を書くための資料がどこにあるのか、探すのに苦労しました。


 そうしたドタバタ状態も、この本の完成で終了します。


 言い訳になってしまうかと思いますが、執筆に使った資料は、周辺にあったものをかき集めただけで、本当に適切なものか、十分に検討したわけではありません。このため事実関係を誤解・曲解している部分があるかもしれません。そのような点がありましたら、ご指摘ください。なんらかの形で活かせる方法を探りたいと思います。



 この本は、NHKの解説委員として過ごした3年間のまとめだったかもしれません。


 世界遺産の推薦候補として「九州・山口の近代化産業遺産群」の存在を知ったのは、私が東京に赴任して間もないころに参加した世界遺産関連の勉強会でした。


 ユネスコへの推薦候補の決定、イコモス勧告など、節目ごとに大きなニュースになることが多く、その都度、関係者の取材を重ねました。


 韓国が反発する中、イコモスの勧告は「記載」となり、「軍艦島」への上陸もかなって、後はドイツの世界遺産委員会で、採否を見守るだけ……となった段階で、解説委員としての仕事をいったん終えることになりました。そういった意味でも私と「産業革命遺産」との間には、因縁めいたものがあったようです。



 この本の中で紹介したものの多くは、解説委員だった私が、放送で紹介したものです。


 こうした取材を認めてくれた当時の職場や上司、一緒に番組を制作したスタッフの皆さん、そして、ぶしつけな私の取材に、快く応じていただいた方々に、心より感謝したいと思います。特に京都府立大学の宗田好史さん、産業遺産国民会議の加藤康子さん、東京大学の西村幸夫さん、長崎市の田中洋一さんには大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


 また機会があれば、画面もしくは、活字の世界でお目にかかりたいと思います。

長野の雑然とした自宅で  柳澤 伊佐男 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1332文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次