読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143817
0
殺される患者、生かされる患者 100点の治療を受ける方法
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
13 外来で特定の検査を依頼するとき (2)

『殺される患者、生かされる患者 100点の治療を受ける方法』
[著]児玉知之 [発行]ワニブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

×[殺される患者] 自分が調べた知識に固執する
◎[生かされる患者] なぜ検査を受けたいか不安を話す

 どうしても検査してほしいことがあるのに、専門の検査機関が遠いので外来診察で済ませたいと思う人もなかにはいるでしょう。


 そのとき、医師から「面倒患者認定」をされないように自分の希望を叶えるには、どのようにすれば良いのかコツをお教えしましょう。



 方法は簡単で、ある検査を希望していることを最初に言わないことです。


 その代わり、まずは自分が医療機関に来た心理的な動機について述べるのがポイント。今の感情や不安についてです。


 わかりやすくするために例を挙げてみましょう。


「この前、テレビをみていたら、甲状腺の病気ってたくさん汗をかくって言っていたんですよ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1591文字/本文:1915文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次