読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1143835
0
生涯未婚時代
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生涯未婚時代成立の背景

『生涯未婚時代』
[著]永田夏来 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 生涯未婚時代とは、以下の二つの社会現象が同時に生起している現在の状況を指しています。一つは結婚経験を持たない中高年の増加。もう一つは結婚を人生設計に組み込まない若者の登場です。社会学の用語に置き換えると生涯未婚率(五〇歳の時点での未婚率)の上昇および非婚就業継続希望者の増加ということになります。


 四五~四九歳および五〇~五四歳における未婚率の平均値から、五〇歳時点での結婚経験がない人を計算したものが生涯未婚率です。図表1‐1に示した総務省統計局『国勢調査報告』によれば、これまで生涯未婚率は低い数字で抑えられていて、一九八〇年までは男女ともに五%未満で維持されていたことがわかります。生涯未婚率がとても低いことから日本は「皆婚社会」といわれてきました。しかし一九九〇年以降急激な上昇を示し始め、最新調査の二〇一五年には男性二三・四%、女性一四・一%と過去最高の結果となりました。




 非婚就業希望者の増加も統計で確認されています。国立社会保障・人口問題研究所『出生動向基本調査』では一九八〇年代から「理想のライフコース」と「予定のライフコース」を継続的に調査しています。図表1‐2にあるように専業主婦を理想とする女性や、自分やパートナーに期待する男性は一九八七年には女性で三三・六%、男性で三七・九%だったのが二〇一五年の調査では女性一八・二%、男性一〇・一%と大きく減少しています。また、女性による理想や予定、男性による期待のいずれのライフコースにおいても一番支持されているのは再就職コースです。しかし近年急に伸びていて、注目しておきたいのが非婚就業を予定する女性です。一九八七年には七・一%だったのが二〇一五年には二一・〇%と、一四ポイント増加しています。




 未婚化・晩婚化は今の日本が直面している少子高齢化の原因として、大きな社会的注目を集めていて、いかに結婚を増やすかに高い関心が注がれています。二〇一三年の「少子化危機突破のための緊急対策」において提示された少子化対策「3本の矢」では、従来言われていた「子育て支援」「働き方改革」だけでなく、新しく「結婚・妊娠・出産支援」が加えられました。


 政府からの交付金を使い、結婚に関連する情報提供や相談体制などを地方自治体が行う事業は官製婚活と呼ばれていますが、そのために二〇一三年度補正予算として三〇・一億円が投入されています。調査によれば、政府のこのような取り組みは評価されているようです。二〇一五年に行われた厚生労働省「人口減少社会に関する意識調査」によると、官製婚活に対して「積極的に取り組むべき」とした人は二割程度、「ある程度は取り組むべき」とした人は四割程度となっていました。政治主導による未婚化・晩婚化の解決に対する関心の高さがうかがえるように思います。


 このような社会状況の背景には、「結婚、出産を経て配偶者と添い遂げる」という生き方や「正社員となって定年まで働く」という人生設計が社会全体で共有できなくなっているにもかかわらず、なんとか軌道修正して従来の生き方を維持したいとの心性があるように見えます。しかし、恋愛や結婚、家族についての「あるべき姿」の方を再検討する必要はないでしょうか。


 二〇一七年五月にインターネットにアップロードされて話題となった経済産業省の次官・若手プロジェクト「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」には賛否両論が寄せられていますが、「結婚、出産を経て配偶者と添い遂げる」という生き方や「正社員となって定年まで働く」という人生設計を「昭和の人生すごろく」として批判的に扱った点と、それに対するコンセンサスを確認したという意味で意義は大きかったように思います。


 これまでの議論を延長すれば、生涯未婚率の上昇は結婚できないパラサイト・シングルの増加の反映であり、非婚就業継続希望者の増加は結婚を選択しない「おひとりさま」の増加とみなされるでしょう。それで説明できる部分は大変大きいのですが、パラサイト・シングルも「おひとりさま」も「昭和の人生すごろく」からの距離について論じているという意味では、同じフレームを使ってデータを読み解いていることになるように思います。そこに限界はないのでしょうか。


 製造業をはじめとする第二次産業からサービス業や情報産業を中心とする第三次産業への移行が生じている現代の社会は、ポスト工業社会と呼ばれています。産業構造の転換は、国内企業の生産拠点が海外に移転するという産業空洞化や女性による労働市場への参画を促しますが、そのために男性稼ぎ手モデルの安定性が崩れていると位置付けられます。男女雇用機会均等法が施行され、恋愛や性の自由化を経験した世代が初老に近づき、タクシー券付きの就職活動やカセットテープの巻き戻しがリアルに想像できない若者が結婚について考え始めているのが現在です。こうした人々は、これまでと違うフレームで家族を考えている可能性がある。そこを丁寧に見ていこうという主張が、生涯未婚時代という言葉には込められています。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2091文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次