読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1143836
0
生涯未婚時代
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
未婚化・晩婚化の理由としての「結婚先延ばし」説

『生涯未婚時代』
[著]永田夏来 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 未婚化・晩婚化の説明として現在よく指摘されているのは「経済力の低さや出会いの少なさなどが理由で、若者は結婚を先延ばしにしているのであろう」という見解です。この「結婚先延ばし」説の前提となるのは「そもそも若者は結婚したいと考えていて、それにもかかわらず結婚しないのは矛盾である。そこには合理的な理由や戦略があるはずだ」との視点です。


 先ほどの『出生動向基本調査』によれば、二〇一五年の調査では、一八~三四歳の未婚者のうち「結婚する意思がある」とする者が八割以上いるのに対して「一生結婚するつもりはない」としている人は一割程度となっています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1193文字/本文:1463文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次